4月10日|清岡幸道特別展示の来店予約のご連絡が未着のお客様はお問合せ下さい。

中里 太亀 陶展 -器事-

中里太亀陶器

中里太亀陶展 -器事-

2020年6月19日(金)~6月28日(日)(会期終了
12:00-18:00
会期中無休
作家在廊予定 19,20日
オンライン展示6月24日(水)12:00~6月29日(月)10:00

→中里太亀陶展ONLINE展示ページ

今展スペシャル企画
中里太亀 × 鮨なか匠
第一回:6月19日(金)18:00-
第二回:6月20日(土)18:00-
作家の器で楽しむ、なか匠のコース料理
◇参加費:15,000円(税抜き)
◇中里太亀氏の器をプレゼント
◇各回8名様迄
※受付は終了いたしました

→中里太亀 × 鮨なか匠食事会企画ページ

中里太亀陶展 -器事-

き-じ【器事】
器の事をより身近に感じるために、食事の中心に器を据える事。
また、その行い。

Quwanでは中里太亀陶展を開催いたします。
中里太亀氏は1965年生まれ、唐津焼の流れを汲んだ器を製作し、隆太窯の当主として窯を守ります。隆太窯は父である中里隆氏が45年ほど前に開窯、今では太亀氏の息子の健太さんを加え親子3代がそれぞれ作家として轆轤に向き合います。また、隆太窯からは数名の作家が修業期間を経て独立しており、彼らの作る器にも確かな手と眼の仕事を感じる事ができます。

伝統が重んじられる唐津焼の中にありながらも、拘泥することがない中里太亀氏の器。「陶器は料理を盛り付ける為の物」とした確信から作られる器を手にすると、食事という行いの中で器に触れる大切さに改めて気付くはずです。

今展では食事と器の関係性をより確かに表現し「器事」と題しました。料理が見えるような中里太亀氏の器をぜひご覧ください。

◇中里太亀略歴
1965年 唐津に生まれる
1988年 父・中里隆のもとでやきものを始める
1993年 柿傳ギャラリーにて、中里隆、奥三十郎、3人展出品。
1995年 伊勢丹新宿店にて、個展開催。
2016年 日本橋三越本店にて、個展開催。
2019年 万葉洞みゆき店にて、親子三代展開催。

.